<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

日本の涼


アイフル大作戦で西田健がたしか「殺人鬼と棲む女」の回で着てた襟デカのジャケットは国産メーカのブルーボーンに違いない! あのパターンの柄もあったとは・・・・・知らなかったぜ。  



こんにちはボヤッキーです。。。。。。。




うだるような暑さは通り過ぎ 大分過ごしやすい季節になってきましたね。それと引き換えに成長したコオロギがジャンピング・ジャック・フラッシュしててめっちゃ怖いです。 




やはり理想郷は遥か彼方。




夏はうどんぐらいしか食べる気がしないので、日本の夏についても書かずじまいでした。



灯り、和紙、団扇、怪談、いろいろございますね。。。。。。。




最近見かけなくなった「蚊帳」 



子供の頃おばあちゃん家に泊まると蚊帳を準備してくれた。あの、蚊帳に入る時のドキドキ感・・・・・・ああゆう無垢な感覚って完全に忘れた気がします。 



蚊帳は緑が多いですが、その昔 商人が夕立に遭い、木の下で雨宿りをした際の心地よさを再現する為に緑の蚊帳になったとか。 その他に下が水色で上に行くにつれて白にグラデーションしていく蚊帳も・・・・・・



湖にたち込める あさもやを江戸時代に再現したとか・・・・・・・・・



冒頭で触れたように、こういった日本人独特な感覚が織り込まれた道具や日用品って沢山あります。





皆さんは「水琴壺」ってご存知でしょうか?




水が無い庭でも水の音から客人にそのさまを想像してもらおうと、底面に穴を開けた甕を土の中に逆さに埋めて、蹲(つくばい)から流れる水が甕に流れ、甕からの雫が水溜りに落ちる。。。。



その共鳴した水滴の音で涼を演出するという、なんとも古来の日本人的な感覚。。。。。。ざっと絵に描いてみましょう。。。。


c0159762_12252411.jpg


大変分かりやすくてすみません。。。。



驚くことに 京都のどこぞこのお寺には、甕の穴の裏側に凹凸を設け、大きい水滴が落ちた直後に小さい水滴が一番良い感覚で追いかけるように落ちる緻密な計算をされた水琴壺もあるらしい。



その音のハーモニーとゆうかそこに至るまでの職人の試行錯誤や技・・・・・・・日本人って凄いなと思うわけです。



随分前に川越、世田谷の寺に行った時に、この水琴壺があり・・・・・・・



1滴2滴・・・・・・・・と、水琴窟の音色を聴く度に吸い込まれるような感覚、違う世界にでも身を置いたかのような感覚を持ったのを今でも覚えております。



水は生命そのもの。人間を通じて甕の中に広がる小宇宙の世界がそこにはありました。




きっと気付かないだけで、現代社会に慌ただしく流れる時間の中、根底には緩やかで透明、方向付けもなければ、なんの意図も持たない世界はある。




生命そのものが織り成す旋律や響きに耳を傾け、雑多なものを取り払う事と共に、大人になると消滅してしまう無垢な感覚を少しでも取り戻す為にも、根底の世界に身を置く機会が必要だ。










って書いとけば、少しは知的な人に思われそうじゃね?





ばいばい。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-29 13:29 | おっさんの日常

純喫茶男塾 北茨城編



さて、純喫茶男塾 北茨城編です。 日立は今まで一度だけ行ったのみで目的地まで行きも帰りも高速だった為、街並みはほぼ知りません。。。




                 未開の地 那珂、勝田、日立。 右も左もわからないので、とりあえず適当に走り、アンテナを合わせます。







                                       すると目飛び込んできたのは・・・・・・・・





c0159762_1745672.jpg


                                      リサイクル チャンス!


                                残念ながらそこに僕のチャンスはありませんでした(笑)



                      しかしながらこうゆうお店って10数年前はまだ地方にちらほらありましたよね~。







                                     そして次に見つけたのが怪しい骨董屋さん。




c0159762_177397.jpg


鳥籠の値段を聞いたら、奥様が「私わからないから値段付けなよ!」って、いつも主人に言ってんだけどね・・・・・・・って愚痴ってました(笑)




未開の地、常陸太田、常陸多賀の駅周辺を軽く回ってみましたが、自分好みな感じな店は車でぐるぐる走る限り あまりなく、 やっと見つけた良い感じの場所はこちら・・・・・・・







c0159762_179696.jpg


                               営業してませんでした。   







              それにしてもニュー東京。。。 思いきりましたな~  嫌いじゃないです。むしろ好き。






                  そして日立多賀駅をもうちょい北上したあたりの奥に・・・・・・・・ありました。






c0159762_17174348.jpg

                                        レナ多賀店  パンケーキ&サラダ





                                        ドキドキしながら入ってみた。。。。。。。。。





c0159762_1717977.jpg

          まぁ普通です。程よい狭さ。 マスターはネクタイにベストを着ている。きっと昔からこのスタイルなのだろう。





 折角遠くまで来たので、普段はおすすめ・・・・・・・の類いは無視する所ですが。パンケーキとサラダと書いてあったので・・・・・・・郷に入れば郷になんたらとも言うし。

















c0159762_17181699.jpg

         やきめしを頼みました。



                      これが昔の家庭の焼飯をワンランクアップしたもやし入り(笑)で美味かったです。




僕は昔から貧乏人な癖に食品の鮮度に敏感で自分でも嫌なんですが、焼飯の豚肉の鮮度が少~しだけ、ほんの少~しだけですよ。怪しかったです。一般的にはOKです。きっと冷凍をレンジで解凍したからかな?


                                 しかしポンポン痛くならなかったのでノープロブレム。



あまり気にならない方にはなんの問題もありません。味とご飯の炒め具合はめっちゃ良かったです。また行こうと思いました。








                               さてさて、心のチェックシートを取り出し、査定に入ります。


                                         椅子、テーブル、天井はごく普通。



                                           ここの見所は壁。。。

c0159762_1721162.jpg

                                          この、でこぼこ感がかなり良いです。
c0159762_17205630.jpg

                                          良く見ると全部手仕事。

c0159762_20294625.jpg


上からボンドみたいので丸を順番に塗って行く。上の方の始めと下の終わりの方の丸の大きさがひどく違います(笑) きっとB型次男水瓶座の方の仕事でしょう。





                                本人は程よく真剣。客観的に見ると適当・・・・・・・・この感じも好きです。





                                          あとはコイツが目をひきました。

c0159762_1722124.jpg

オレンジのプラスチックややスケルトン気味おしぼり置き。(おしぼりは業者に頼まず、自宅で洗濯してるからほのかに石鹸の香りがするよ。) ・・です。





         ここのマスターは口数少なく、仕事が終わるとタバコをぷかぷか・・・・・・・・いぶし銀な渋みがでておりました。




店のテレビにアメリカのいかにも80年代の刑事ものっぽいドラマが放映されておったのですが、 渋いマスターが調理をしてる最中に、テレビの吹き替えで「女性のヌードだったらどうする?」と、俳優のセリフが耳に入った様で、人目もはばからずマスターは調理中にTVを振り返った。。。




この失態のおかげで星は3つに届かなかったが、個人的には人間臭くて・・・・・・・・・・内装はともかく、レナ多賀店の評価は大です。





                                        こうして初北茨城巡りは幕を閉じました。








                                                  さようなら




                                                  おまけ…

c0159762_17101886.jpg

                                             勝田駅周辺の酒屋のシャッター。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-25 20:26 | おっさんの日常

・・・・・・






c0159762_19244624.jpg

c0159762_19251850.jpg

c0159762_1926618.jpg

c0159762_1927154.jpg

c0159762_19282616.jpg
c0159762_19284722.jpg



            イカす!

                  emoticon-0139-bow.gifお買い上げ有り難うございましたemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-23 19:43 | 雑貨

ライブ告知 

                                        18時現在、台風で入り口が壊れそうなので閉めます!すみません!









                                        今週9月24日土曜日マミー&ビスコティックのライブが決まりました。




c0159762_1752594.jpg






                                           そろそろ 少~しだけでも「ライブ慣れ」しないとヤバくね?




先月8月にやって今度が9月、そして11月も決まりました。更に12月も前回やった志音さんで一応やれれば良いな・・・・・なんて思ってます。今までは年間2~3回のライブ活動でした。




今回はじめての経験で4ヶ月で3回のライブ! へなちょこ素人集団のくせに場数踏まないで上手くなるわけ無いじゃん!と常々思ってきましたが、お遊び発表会バンドなんでなかなか。。。




ただ、そろそろバンド全体として、小さ~い山を越えたいんですよね。。。。。下手なりのバンドのグルーブ感みたいなのが欲しいのです。




いやいや、下手だけどなんかいい!が理想なのは、当初からなんら変わってませんよ。僕自身上手いバンドにあまり興味が沸かないと言いますか、上手くてもなんか変。が好き。全然上手くないけど味がある!が聞いてて断然楽しいので、その境地に早く近づけるよう・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・ということで、へなちょこバンドから一皮剥け、へっぽこバンドになる為の修行ライブです。


4ヶ月で3回のライブ!初めての経験で、まさに修行ライブなのです。。。。。。。





Mind-Neo
http://www.mind-neo.jp/blog/index.php?code=105

20時前後 頃の出演です。


入場料は1000円だそうです。今回はステージの広さの絡みもありますので、コーラス兼踊り子、ホーン部隊は出演しません。少人数編成で、フルメンバーではなく、華やかさに欠けるやもしれませんが適当にやります。


たまにはロック!な感じを試みてみようかしら。。。




しかしながらロック指数0.8の僕ですから、上っ面ロッカーになるのは目に見える。




タバコ吸いながらステージを演って、後で怒られ平謝り・・・・・・う~んこの案なかなかロックでいいね~        




Mind-Neo アクセスはこちら・・・・・・・

http://www.mind-neo.jp/access/index.html

施設内の駐車場が埋まる可能性大です。同じ並び、国道6号沿いのチョット先に、ガスト、シューズセンター、お宝鑑定団の大きい駐車場があります。徒歩3分程ですのでそちらでも構いません。





尚、11月20日(日曜日)つくばパークダイナーでのライブは次の日仕事の人多いと思いますので、出演順1番になります。恐らく18時30分スタートの予定です。この日はフロント勢、ホーンも全員ではありませんが戻ってきます。




                                                詳細は決まり次第報告いたします。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-21 18:01 | ♪マミー&ビスコティック♪

適当道も楽じゃな・・・・ いや楽です。





                                      先日貰われていった家具の簡単リメイク商品の紹介です。




                                                 これ・・・・・・・・


c0159762_11583863.jpg




                                        なんてことない良くあるエンジ色のベロアスナック椅子です。




                           お客様は足載せスツール 今では「オットマン」が一般的な名称なんでしょうか?を探していて・・・・・・・





                                        「こうゆう生地ならいいのにな~」と言われたので・・・・・・・







                                               「やっちゃいます?」と・・・・・・




                                            ただ適当でよければ・・・・・・・・と付け加え(笑)




         どの道このままで使うには厳しい所で、3台のうち1台は自分用にちょちょいのちょいと雰囲気を変えて使えるやつにしようと考えていたので。。。。。。 お客様のヤツはこちら。



c0159762_12112872.jpg


                         生地はお客様のご希望通り、店頭にある70年代のツーピースのスカートを使い、短い丸足のストックがあったので使いました。



                                     emoticon-0139-bow.gifsさまお買い上げ有り難うございましたemoticon-0139-bow.gif







                                           ついでに自分用のやつもやっつけ仕事で・・・・・・・




     自分の家ではチョコレートブラウンの3シータのソファーがあります。足載せスツール的に使おうと思います。 お客様のは多少神経を使いますが、私物の場合は気が楽です。






                    まずソファーの色に合わせて座面を養生して横側を299円のアクリルスプレーで茶色に塗り塗りしたら足を取り付けます。。。。。。


c0159762_12231862.jpg

                                           エンジ色から茶色の側面に変わりました。

                           スプレーは程よく離さないとムラになりますが、ベロア素材なので普通よりは目立たないと思います。




                                      そして茶色のソファーに合いそうな生地を座面に被せ・・・・・・


c0159762_1228335.jpg




                                          バチンバチンと留めて4隅だけ適当に折込みバチンバチンします。


c0159762_12262098.jpg





                                     近いうちに3シータのソファーにクッションを作る為にとっておいた生地です。。。。。。。







                                           出来上がったものを合わせてみるとこんな感じです。




c0159762_12301927.jpg




                                夜の大人の事情を長年見てきたベロアのスナック椅子も変身を遂げ新たなる人生を歩み始めました。




                   注: 「生地を張らなくともスプレーだけでも良いや!」という方へ ・・・・・・・・






                                               頭の良い僕からアドバイスです。



                       塗料は安いアクリルスプレーを使いました。布用ではないので、生地が固くなり折角のベロアの座り心地の良さが0になり兼ねません。。。。。。。。



                             きっと座面を塗ってしまうとイガイガに固くなるはずです。塗料には有機溶解、アクリルとは、すなわち合成樹脂が含まれております。


            高圧ガス、ジメチルエーテルなので、おそらくハードなヘヤースプレーを吹き掛ける様なものです。なので座る面はスプレーで塗るのはやめておいた方が良いと思います。






                                    いやいやその手の学科を専攻しといて良かったと・・・・・・今更ながら思います。





                                              以上豆知識でした。









c0159762_12352519.jpg



                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




                                      ガッサガサ。 無計画は失敗の元!失敗は聖子のチェリーブロッサムだ!





                                                    気をつけなはれや。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-19 14:10 | 雑貨

床屋さんの消毒器 殺菌器

                                              本日は真面目に商品紹介でも。。。。。。。。



                                        古い床屋の什器です。   1960年代あたりかと思います。 



                                 お医者さんで使われていた医療棚 ケビント、爆発的に流行りましたね。。。。。



                              僕は個人的にこっちの殺菌灯器具の方が棚として使うにはビジュアルも好きです。。。。。。。


                           35000円也
c0159762_12573162.jpg


                        基本的には髭剃りなどの刃物類を殺菌する為に使われていたもので感染症を防ぐ為、紫外線で殺菌消毒します。





                      なかなか見栄えの良いものは少ないですが過去に3台ほど扱ったことがあります。1960年代のものが一番好きかも。


c0159762_1373883.jpg

             一通りチェックして紫外線灯も点灯いたしました。扉を閉めると点き、開けると自動的に消えます。そして下の消毒済み扉に収納する。。。。。。といった感じです。


                 若い頃はこの様に日本語が書いてあるものよりSTERILIZERと書いてある日本製も良いな・・・・・なんて思ってましたが、今は日本語が愛しい。。。


c0159762_13111624.jpg





                                                    そしてなんと言っても・・・・・・・
c0159762_1310181.jpg


                                              パイロットランプのカットが実に最高です。。。。。。。



                              物があまり出ないので、僕はパンダレコード同様 細~く長~い、フェチであります。。。。。。。





c0159762_13374194.jpg


                       現在同じ物を4つ(昔2台手放した・・くそ~)所有してますが10個集まったらパンダタワーを作ることが当面の目標です。

c0159762_13375644.jpg




                                                  ではごきげんよう。。。。。。。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-17 13:49 | 雑貨

マリで決まりでしょ。詳しくないですが。

本日は誤解を解こうと思います。。。。。。。





と、言いますのも、このブログにて、「赤毛のアン」が好きだとか、前回の記事では「ふしぎな島のフローネ」が良い!だの再三言ってまいりました。




はっきり言ってネタです。




いやいや、40手前のおっさんが子供向け 女の子向けアニメ「赤毛のアン」だの「フローネ」だの好きと言っておけば、気持ち悪~・・・・的にちょっとだけ笑いが取れるかな・・・



なんて思って、ちょいちょい ネタにしてきただけです。実際の所、本当は興味ありません。




実際「トムソーヤの冒険」でのインジャンジョーの登場の時のドラムのおかずと、トムが嵐の翌日ミシシッピー川で水死体を発見した時に流れるインストがカッコよかったり・・・・・・・


赤毛のアンのエンディングもアニメのエンディング曲のレベルを遥かに超えていてピアノが凄い事になってたりするのは事実ですが、それ以上でもそれ以下でもないんですよね。




なので全てネタなんですよね。




この人マジだ!と本気で気持ち悪がられても困るので・・・・・・・・拍子抜けさせてすみません。




実際 前回紹介したフローネのエンディング曲も 歌を歌ってる人が、「あっ!トムソーヤに出てくる女の子ベッキーの声優さんと同じだ!」と、気付くのにも40秒程かかったぐらい興味が薄いんです。





見た方はお分かりと思いますが、そのエンディング動画で歌が流れてる最中に何回か背景のシーンが切り替わります。 1番目はメガネをかけた同級生との帰宅シーン。







                          





2番目のシーンは父親と母親が子供の意見を無視してオーストラリア移住を決めたに違いない!と、憤慨している高校生のフランツの(誤解だった)シーン。



全然詳しくないんでよく分かりませんが、この時はフローネ自身が、大大大好きな家政婦の優しい「マリ」は身内の叔母が居る為スイスを離れることができず、フローネ一家と一緒にオーストラリアに行くことができない。

フローネは元々観光気分でカンガルーと遊ぶ・・・・・的な動機だったのだが、大好きなマリが行けないと聞いて本人に懇願したけど・・・・・・駄目だった。


兄のフランツは当初スイスに残る予定だったが、マリと会えなくなるのにフローネにスイスに残る選択肢は一切なく、お別れの時もマリは泣いていたけど、フローネは未だ見ぬ土地への期待でいっぱいでした。。。

マリの気持ちを考えるとフローネのお別れの時の態度はどうかな?と思いました。この時はまだ10歳だから無理もないですけどねっ。


マリは第二話「旅立ち」でフローネ一家がスイスをあとにしてから最終50話まで一度も登場してきませんでしたが、最初の1話2話あたりでの印象により一番好きなキャラになりました。


オーストラリア行きが決定して、フローネは興奮して眠れませんでした。弟のジャックも、兄のフランツも眠りこけていたので、夜中に2階のマリの部屋を訪ねたのです。


ノックをして、1秒ちょいで、ドアを開け 「どうしました奥様?」と、寝ぼけたマリの行動からも その従順さを窺い知ることができます。その後、フローネだと気付き、「眠れないの・・」と話すフローネを優しく迎え入れるマリ。



重要なのはここからです。

c0159762_12523532.jpg


フローネを自分の布団に寝かせ、「オーストラリア行きの事が気になって眠れなくなっちゃったのね・・・何かお話しましょうか?」

はい、ここ赤線引いといてください。


「・・・・・・何かお話しましょうか。」 間髪入れずマリはフローネに


「ますます目が冴えても困るかな?」


と言う。。。。。。。「困るかな?」



こまるかな?の、「る」から立ち上がる「かな?」 までのマリの声のトーンが・・・・・・・・












なにぶん 最高です!





まぁ僕はさほど興味が無いので、好きなキャラは当たり障りのない「マリ」ですけど、マニアの人なら、自称音楽家の詐欺師ゲルハルトとかだったりするんですかね???僕はソッチの世界の人間じゃないんで詳しくありませんが。





動画3番目のシーンも真剣に見てるわけじゃないんで細かいことまでは分かりませんが、恐らくオーストラリアに向かう船が沈没してイカダを作り、無人島に辿り着いたが、危険なので「お父さんが良いって言うまでおまえ達は船から降りるんじゃないよ。」と待たされ、やっと許可がおりたシーンあたりかな?





5番目は無人島で塩は海水から塩作りをしていたものの、砂糖は無かった。森の奥深くにサトウキビが生えてる場所をみつけ、持ち帰る道中にフランツが底無し沼に足をとられたが、お父さんが助けて、事なきを得たものの、サトウキビは沼に沈んだ。後日フローネとジャックを連れてサトウキビを食べさせるシーン。




6番目は鉄砲の玉を船が無人島に通りかかったら気付く様に残しておく為 自作で弓を作るフランツ じゃないかな~?




7番目はフローネが花の首飾りを持ってるシーンで。最初彼女を見た時は平安時代のお話しで麿っぽいな~と思うぐらい上の空だったし。





8番目のシーンはフローネがムチ打ちを受けてるシーン。


これを言ったら「やっぱりネタだったんだ~」って誤解は完全に解けると思いますが、このシーンは道に迷ったフローネが翌日怒られてムチ打ちを・・・・・・・・タイトルが 「きついお仕置き 」


でもこれが全50話の中の29話だったか、30話だったのか思い出せないぐらいこのアニメは僕にとってどうでも良い類なんです。。。





9番目と10番目は無人島でフローネのサプライズ誕生日を家族で祝って嬉し泣きするシーン。 お父さんは木彫りの顔、フランツは首飾り、ジャックは川で拾った石、お母さんはつるで編んだポシェットをプレゼントした。




感極まったフローネに「さぁ、食べましょう。。。」と、お母さんのアンナ(36歳)言うがフローネは「胸がいっぱいで・・・・」と、泣いたまま。。。。。

すかさず兄のフランツが、「泣いてると全部食べちゃうぞ。」 とチャチャを入れると、フローネが「そんなの嫌~」と、慌ててご馳走をほお張る。


フランツは「今泣いたカラスがもう食べてる~」もしくは、「今泣いたカラスがもう笑ってら~」的なオチで締めくくられてたと思います。 まっ、全然興味が無いんではっきりとどっちか?なんて分かりませんがね。




最後は無人島を脱出するシーン。。。。。。



以上です。






なんかホッとしました。これで僕が子供向け、女の子向けアニメが好き!だというのは全て「ネタ」って分かってもらえたのではないでしょうか?誤解が解けたようでよかったです。





c0159762_134425.jpg


赤毛のアン 当時もの水筒。。。。。。。裏にはダイアナものってるよ!

c0159762_1341549.jpg




おとといは間違って記事を消してしまい、昨日はパソコンが固まり、消滅。同じようなことを3度書いたため、改行のバランスをどうこうする気にもならねぇよ! ばかやろう
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-15 13:33 | おっさんの日常

世界名作劇場より




          昭和歌謡、ヨーロッパあたりの音楽も紹介したので、本日はこうゆうの好きとか書くと良い人に思われそうじゃね?的な腹黒い気持ちでアニメのお歌を紹介します。。。。。。。





                       トムソーヤの冒険 からエンディング曲を。。。。。。。






               昔はインジャンジョーが怖かったとか トムが悪戯して怒られてた。などの印象しかありませんが、大人になって見ると違う視点で見る事ができ面白いです。

                                    

   なんでか分からないけれど泣きそうになります。名曲ですね。。。。。。。後半の2~3小節程度ソウルになります。ありがちなんですが歌詞の「ミシ シッピ」のコード進行に昔から弱いのです。

              



                                         もう一つ。ふしぎの島のフローネのエンディングから。。。。。。。。





    母を訪ねて三千里、トムソーヤなどは名曲ですが、フローネはノーマークだった方意外といらっしゃるのでは?と思います。。。。。。。特に男は見ないタイプのアニメですもんね。。。。。





                                                  いやはや名曲です。。。。。。




                       ふしぎの島のフローネ
                                   

                   曲の良さももちろんのこと、昭和歌謡で育った僕としては、サビに行く前のお決まりのストリングスの駆け上がり奏法とコーラス部隊で撃沈です。
                                                では簡単で失礼します。。。。。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-11 16:57 | 音楽

レトロな自転車 アンティーク


        おととい自転車の配達に行ってまいりました。タイヤの劣化とハンドルの錆、ブレーキゴム、らっきょ棒の曲がりが酷かったのでできる限り当時モノに交換しての納品でした。



c0159762_842516.jpg


                                emoticon-0139-bow.gifお買い上げ有り難うございましたemoticon-0139-bow.gif


自分もこの手の自転車は好きで以前にも6~7台扱いましたが、今回はこの色見にやられました。 しかも 光、富士、宮田、ブリジストンなどの有名メーカーでは無いところもそそられた訳です。


c0159762_842332.jpg

                        フェンダーマスもプラスチックでGOOD! エンブレムも良い。 おそらく1940年代あたりかもう少し古い気がします。


                   「ナイスビューティー」と書いてあります(笑)


c0159762_8431746.jpg

              僕はこのあたりのダサい感じがとても愛しく 大好きなので、カッコイイ物は極々たまにしか仕入れません。お客さんにも頼まれるんですがすみません。。。。










                    しかしご安心ください。純粋にカッコイイ VINTAGEのSchwinnなど希少なアメリカンなオールド自転車ならご近所のアサヤケさんへ・・・・・・・・

                                               emoticon-0155-flower.gifhttp://asayakeweb.exblog.jp/emoticon-0155-flower.gif













                               ウチも近々納品予定のダサカッコ良・・・・・・・くは、ない。 僕的に大好物の自転車も近日中に紹介します。







                                              ではでは本日は簡単で失礼します。。。。。。。。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-09 09:12 | 古道具

レトロなカウンター椅子&純喫茶男塾 笠間編










c0159762_17553484.jpg


                                     70年代ぐらいのカウンター椅子です。こちら2脚ペアでお買い上げ頂きました。

                       emoticon-0139-bow.gif有難うございました emoticon-0139-bow.gif

c0159762_1756344.jpg

               在庫10数脚程ありましたが、気付いたら残り数脚になっておりました。今回お客様の了解を得たので紹介いたします。 Wさんいつも有り難うございます。







                カウンターにざーっと並べて アセロラドリンクでも飲みたいものです。 こうゆうカウンター椅子がある喫茶店のチョコレートパフェはうまいに決まってます。








                        さて、この流れで、喫茶店男塾・・・・・・・・上野編の続きがまだ残っておりますが、一旦 茨城笠間編です。





               かれこれ3~4回 笠間に行った際には気になって気になって仕方ない佇まいの喫茶店にやっと何年越しだろう・・・・・・・・・・・ それさえ忘れるぐらいの年月。




                  先月やっと入る事ができました。 初めて準備中の札があったもんだから、ここを逃すとあとはない!とばかりにドアを開け・・・・・・








                     「すみません何時からですか? 」と、聞くと店主と思われるおば様が出てきて、「地震の影響でクーラー壊れてて・・・・・・・」と話す。





                    僕はすかさず 「あの~ いままで幾度となく気になって来たんですが営業してなかったようで・・・・・」と話すと・・・・・・・





                           「クーラーなくて扇風機だけで暑いですが、それでも良ければ何か飲んで行かれます?」と・・・・・・・





                                       「 やった、やったよ母ちゃん俺やったよ。」 いろんな思いが去来する。





    アイスティーを注文して店内を物色。店内は段ボールやら何やら床などに雑然と置かれていて 「整理整頓」とゆう言葉はここでは無縁である。しかしながらそんな事はどうでも良い。






                                  優しい顔の人がみんな優しい訳でも、怖い顔の人がみんな悪人な訳でもない。




おば様は厨房で紅茶を煮だしてから冷やしていた。時間はかかったが、精神誠意は十分伝わった。汚いのが嫌ならお洒落なカフェに行けばよいし、綺麗な洒落た所が落ち着かなければ自分の心地よい場所を探せばよいだけの話しだ。







                                話しが反れてしまったが、おば様に「ここは何年からやってらっしゃるんですか?」と聞くと・・・・・・・・





                                            「1973年です」と、返答が帰ってきたのだ。







                                               キターっ!運命だね。僕の生まれ年なのである。



             それから少し会話して、店の佇まいからして僕的に久々のAクラス級の建物故、「当時のお写真とかあったりします?」と、聞こうと思ったら・・・・・・・・

c0159762_1827963.jpg



                                      おば様が、今日は「韓流ドラマの最終回で、私これが楽しみでね。」




                                        自分でもビックリしましたが「THE愛想笑い」・・・・・久々に出ました。





                                                  会話のキャッチボール終了。
 




                     恐らく夕暮れ時の河川敷にて割烹着を来た母ちゃんがカゴに大根を入れ 夢中で遊ぶ子供達を引き離す光景に似ていた。

                                        いやはや仕方ない。それぞれ楽しみは違うものだ。






                                         ソレはソレとして僕もやらなければならない事もあるのだ。




                                      店内のアイテムを採点する為、心のチェックシートを取り出し審査を開始する。






まず椅子。パッと見は色見や形など、なんて事ない感じだが、横からのアングル。 このタイプは意外と少ない。座面が半分の厚みで長めの丸足が一本か、もしくは短い丸い足が4つあれば尚良かった。


c0159762_18245286.jpg






                                            その他特記すべく点はないものの・・・・・・・・・・




                                やはり天井のポイントが高い。照明は黄色の傘でまぁ普通だがこの天井はかなり良い。




c0159762_18251911.jpg










                                                  そして極めつけはこちら・・・・・・・・・・・





c0159762_1826330.jpg


                                                最高の配色な花柄カーテン。




 
               花柄のタッチも大きさも申し分ない。自分的に小柄の花柄やサイケ物はあまりそそられないが、これ良い感じ。こんなんでベルボトムなど作ったら昇天間違いなし。



                      うん、400円でこんなにいい気持ちを味わえた。一度椅子、テーブルをキチンと並べ、当時の感じを再現してもらいたいものである。





                                  おば様準備中にも関わらず、すみません。有難うでした。またよります。





                                                     外観の壁・・・・・・・・・


c0159762_18262927.jpg


当時どんな感じだったのだろう・・・くそー母ちゃんが僕をあと30年早く産んでくれてたらこんな悔しい思いをしなくて済んだのに。 昔のドラマや映画、や建物、風景、家具を見るといつも思う。






兎に角、僕はかなりの時間を要したが、やっとここに来れたのだ! 通り沿いでとても分かりやすいこんな目立つ外観があるにも関わらず、近所のアンティーク屋さんはご存知ありませんでした。





                              意外と近すぎると気付かないものなのかも・・・・・・・僕ももう少し近所を気にして色々探してみよっと。      




                                                     ではさようなら。。。。。。。。
[PR]
by gatestore1973 | 2011-09-07 08:10 | 雑貨